更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 031234567891011121314151617181920212223242526272829302011 05

【  2011年04月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

森の館 12

森の館

2011.04.30 (Sat)

  ピロリンは椅子から立ち上がると 小さい湖のすぐ近くの裏口から家に入って行きました。 家の裏口はキッチンとリビングが繋がった真ん中にあります。 ピロリンはダイニングに入りそのまま本棚があるリビングへいきました。 そして、本棚から「木工の絵」が描いてある本を取り出しました。 ピロリンはゆっくりと木の椅子に座り本を読み始めたのです。 ポロランは小さいテーブルに置いてあるコーヒーのポットと砂糖のポットを...全文を読む

森の館 11 

森の館

2011.04.29 (Fri)

  ピロリンは本を読むことにしました。 ポロランは刺繍を縫おうと思いました。 そして、ポロランは木のコーヒーカップを大きなテーブルの 横にある小さな丸い木のテーブルの上に移しました。 小さな丸い木のテーブルの上にはコーヒーポットと 砂糖ポットが置かれています。 ポロランはお茶をしていた大きな木のテーブルの上を 片付けて綺麗に拭きました。 食事の済んだ午後も湖のそばにある裏のお庭は 大きな木の葉が揺れ...全文を読む

ぽっくりな歩み・・・

ポニーテールのぽっくり散歩

2011.04.25 (Mon)

  少しずつ書いております。 この先どんなふうな展開になるのか私も楽しみです。 あれこれ想像しながら長閑な風景を思い浮かべつ書くことはやはり楽しい。 月曜日の今日の一日も終わりです。 毎日毎月毎年・・・何と早いことでしよう。 時間は待ってくれません。 日一日と過ぎて行きます。 そして、今日ももうこんな時間! 明日も書けると良いなあと願いつつ・・・ 珈琲で一休み致します。...全文を読む

森の館 10

森の館

2011.04.25 (Mon)

  食事が済んだ後はお茶の時間です。 ポロランは温かいお湯でコーヒーを入れました。 木のコーヒーカップにポロランとピロリンの二人分を入れました。 ポロランは砂糖もミルクも入れません。 ピロリンは砂糖を木のスプーンで2杯とミルクをたっぷり入れました。 ポロランとピロリンの食事用の器やスプーンやしゃもじなどは 全て木で出来ておりました。 食事の後のお茶の時間はいつまでも続きます。 ポロランもピロリンも午...全文を読む

森の館 9

森の館

2011.04.24 (Sun)

 ピロリンはテーブルに置いてある木のコップを持って小さい湖の傍に行きました。小さい湖から湧き出る水は冷たくいつも透き通っておりました。ピロリンは小さい湖から湧き出ている水のそばにいつも置いてある木の器で水を汲み木のコップに注ぐとゆっくり歩いてまた、木の椅子に座りました。ピロリンは木のコップに注いだ冷たい水を飲み干すとゆっくりとそして、静かに木のコップをテーブルの上に置きました。ピロリンはポロランに言...全文を読む

森の館 8

森の館

2011.04.23 (Sat)

 柔らかな風が二人を包んでいました。ピロリンはポロランに尋ねました。「じゃあさぁ・・・あの看板に何て書いたら良いと思うんだい?」今度はポロランがピロリンに尋ねました。「ピロリンは何を作っていたの?」「僕達の家の看板だよ。だから二人の名前を入れたんだ。」「ふうん じゃあ ピロリンとポロランの家と書いたらどお?」「それも良いね、でもさぁポロラン 確かに手紙を入れる箱も必要だね」ピロリンはスープを一口飲ん...全文を読む

金曜日の夜に・・・

ポニーテールのぽっくり散歩

2011.04.22 (Fri)

 風は柔らかく暖かい。それでも、朝夕はまだ冷えます。4月も半ばを過ぎました。一週間一日の早いこと!桜の花も八重桜に変り、新緑が眩しく光り晩春を思わせます。時々、物思いに耽っては俳句や短歌を詠むのも躊躇うこの頃・・・別のサイトでは、ほぼ毎日のように俳句と短歌を更新しております。ボーッとする時間が長いせいか、時々何もせずに一日が過ぎた時などは何故か忘れ物をした気分になります。負担にならない程度に・・・と...全文を読む

森の館 7

森の館

2011.04.22 (Fri)

 ピロリンとポロランは木陰で、木のスプーンで食べています。広い木のテーブルの傍らには澄んだ湖が大中小と3個ありました。ピロリンとポロランはこの3個の湖をそれぞれ使い分けておりました。大きい湖は一番遠くにあります。中くらいの湖は真ん中にあります。中くらいの湖は川へ続いているのが見えました。小さい湖はテーブルから一番近いところにありました。この小さい湖からはいつも澄んだ水が湧き出ていたのです。そして、木...全文を読む

森の館 6

森の館

2011.04.19 (Tue)

 「お腹が空いたね・・・ポロラン」「そうだったわ!」ポロランは慌てて裏庭に駆けて行きました。野菜はとても柔らかく煮えておりました。「ミルクを継ぎ足して味を調えてと・・・」ポロランは大きい声で叫びました。「ピロリン~お昼に致しましょ?」ピロリンはお道具箱を入り口の中に入れてポロランの声が聞こえる裏庭のほうへゆっくり歩いて行きました。広い木のテーブルの上に温かいスープの湯気が緩やかな風と一緒に揺れていま...全文を読む

森の館 5

森の館

2011.04.17 (Sun)

 「やっぱり可笑しいかい?」「ねえねえピロリン どうして名前を書いたの?」「ポストを作ったの?」「ねえねえピロリン 手紙はどこに入れるの?」「・・・・・」「ピロリン 手紙はどこから来るの?」「・・・・・」つづく...全文を読む

新たな試み・・・

ポニーテールのぽっくり散歩

2011.04.13 (Wed)

 今日の春爛漫の桜を眺めつつ・・・この時は考えてもおりませんでしたが、コミュニティを作成致しました。どうなることやら・・・このお部屋「コミニュティ」から新たな 何らかの出発、あるいは覚悟のようなものが起きて来ることを願いつつ作成致しました。自分を少し追い詰めようと思ったからに他なりません。とはいえ・・・無理なく負担にならないように・・・と、矛盾はしておりますがそれでも、まずはやって見る事に致します。...全文を読む

森の館 4

森の館

2011.04.13 (Wed)

 館の入り口まで走ったポランは「はあーはあー」息をしながらピロリンに尋ねました。「ねえピロリン何を作っているの?」「ん?ほら どうだい?」ピロリンは雲の形をした白い看板を指さした。「あっ!ピロランとポロラン?・・・」「何故 ピロランなの?女見たい。男は皆リンだって森の妖精が言っていたでしょ?」「ピロリンはいつから女になったの?」つづく...全文を読む

森の館 3

森の館

2011.04.06 (Wed)

 ポロランは泥を湖で洗い落とした野菜を今度は切り始めました。平らな切り株の上で、じゃが芋とにんじんを大きめに切り鍋に入れました。たっぷりの水にたっぷりの野菜。「さあ・・・暫くはこのままで良い」ポロランは鍋を火にかけたまま、早速ピロリンのいる館の前に行きました。ピロリンが何を作っているのか気になって、見たくて仕方がなかったのです。つづく...全文を読む

森の館 2

森の館

2011.04.02 (Sat)

 森の館のすぐ裏手には湖がある。この湖でポロランは採り立ての野菜を洗っていた。昼の食卓の材料なのだ。この湖でピロリンは魚釣りをするのが日課になっている。今日は良いお天気だからピロリンは森の館の看板作りをすることにしたのだ。魚は昨日の料理がまだ残っているからそれで良い。「うんうん上出来だ。」ピロリンは一人満足をしていた。看板の形・・・青い空に浮かぶ白い雲の形色は・・・と、白に決まっている。ピロリンはそ...全文を読む

前月     2011年04月       翌月

Menu

☆プロフィール

ポニーテール

Author:ポニーテール
ファンタジー
夢と希望を持てるようなものを書きたい!
私がそれを望んでいるからに他なりません。

★☆★☆★お願い☆★☆★☆
・・・・・・・・未熟ながら・・・・・・・・
著作権を放棄しておりません。
著作権に関る行為はお断り致します。
どうぞよろしくお願い致します。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆ワンクリックお願いします♪

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

☆ワンクリックお願いします♪

☆こちらもお願いします♪

☆最新記事♪

★ブロとも一覧♪

☆ブロとも申請フォーム

☆くろねこ時計

☆カレンダー


☆アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
6862位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
164位
アクセスランキングを見る>>

☆ようこそ~♪

アクセス閲覧者数

現在の閲覧者数

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。